学校紹介

   ホーム  >  学校紹介 [ 校長挨拶 ]
 校長挨拶
校長挨拶
 
 
「筑紫」を信じる
 
 

校長 大塚 信 

 

 

 本日は「福岡県立筑紫高等学校のホームページ」にアクセスいただきありがとうございます。


 本校は、昭和48年に設立された、今年で、創立45年目を迎える県立の普通科高校で、1200名(各学年10クラス400名)の生徒が在籍しています。
 創立1年目から、宝満登山や九重集団キャンプ、寒稽古など、持久力や忍耐力を養成するとともに、「師弟同行」の校是(こうぜ)のもと、「文武両道」を目指して、生徒と教師が、ともに汗を流し、信頼と愛情に満ちた学校作りを進めてまいりました。
 まさに、「鍛えて、褒(ほ)めて、生徒の可能性を伸ばす」教育が実践されてきたのです。

 進学面では、国公立大学や私立大学に、数多く合格を果たすとともに、部活動では一昨年花園全国大会に5度目の出場を果たしたラグビー部をはじめ、陸上部や放送部や水泳部も、全国大会にたびたび出場しています。また、今年3月には、吹奏楽部が九州大会への初出場を成し遂げ、平成26年には、野球部が県大会ベスト8に輝き、スポーツ紙一面に掲載されるなど、その活躍が記憶に新しいところです。
 また、グローバル人材の育成という観点では、能・狂言や歌舞伎の鑑賞をとおして
日本の伝統・文化を学ぶとともに、留学生と交流するAPU(立命館アジア太平洋大学)研修や、20年以上続くオーストラリア等との研修・相互交流も、本校の大きな特色となっています。

 

 平成29年度も、「文武両道」の実現をとおして、学力はもとより、自立心とチャレンジ精神に溢れた人材の育成を目指してまいりますので、どうぞ、よろしくお願いいたします。


朝、生徒たちが、笑顔で校門をくぐり、
 

凜(りん)とした姿で、校舎を見上げれば、 

掲げられた、「筑紫魂」の文字パネルは、 

希望の色に燃え、光り輝くことでありましょう。


「筑紫」を信じる、熱き思いをのせて。

 

 それでは、どうぞ、様々な〈タグ〉を〈クリック〉していただき、躍動する筑紫生の輝きをご覧ください。

 

 ホーム