福岡県立筑紫高等学校

学校生活

   ホーム  >  学校生活 [ 修学旅行 ]
平成29年度 修学旅行 第2学年(44期生)スキー研修旅行


 

 

■目的
 1.大自然の中でのスキー実習を通して、自然に対する畏敬の念、豊かな感性を育む。
 2.規律ある行動のもと、全行程を通じ集団の一員としての自覚を促し、自主的、協調的態度および公徳心を養う。

■期日
平成29年12月4日(月)~8日(金) 4泊5日

■行程
【1日目】福岡空港発8:00-羽田空港着9:30-東京ディズニーリゾート-JR舞浜駅-

     -JR新浦安駅-ホテル着21:30

【2日目】ホテル発9:00-最寄IC-信州中野IC-ホテル着14:00-

     -志賀高原 丸池・蓮池スキー場にてスキー研修開始15:00

【3~4日目】終日スキー研修


【5日目】ホテル発6:30-信州中野IC/首都高速最寄IC-浅草着12:00-

     -昼食および浅草寺エリア班別研修-羽田空港着16:00

■宿泊
【1日目】オリエンタルホテル東京ベイ(千葉県浦安市)
【2日目以降】志賀レークホテル(長野県下高井郡)

 

 

結団式

 
結団式①                             結団式②
 

 

1日目

 

福岡空港                             羽田行きの機内から

 

 

ディズニーリゾート①                      ディズニーリゾート②

 

 

ディズニーリゾート③                      ディズニーリゾート④

 

2日目

 

ホテル朝食①                          ホテル朝食②

 

 

長野行きのバスの車窓から①                長野行きのバスの車窓から②

 

 

東部湯の丸SAで昼食休憩①                 東部湯の丸SAで昼食休憩②

 

 

スキー研修 開校式①                     スキー研修 開校式②

 

 

ゲレンデへ移動①                        ゲレンデへ移動②

 

 

スキー研修①                          スキー研修②

 

 

ホテル夕食                            スキースクール校長講話

 

 

3日目

 

スキー研修①                          スキー研修②

 

 

スキー研修③                          スキー研修④

 

 

スキー研修⑤                          スキー研修⑥


 

4日目

 

スキー研修①                          スキー研修②

 

 

スキー研修③                          スキー研修④

 

 

ホテルにて昼食                         スキー研修閉校式

 

 

全体会 クラス出し物①                     全体会 クラス出し物②

 

 

全体会 クラス出し物③                     全体会 クラス出し物④


 

5日目

 
浅草散策①                            浅草散策②

 

③浅草散策

 

修学旅行感想文

 今回の修学旅行は、改めて筑紫高校に来て良かったと思える5日間でした。なかでも、スキー研修では、より「筑紫らしさ」を垣間見ることができたと思います。

 この修学旅行で体験したスキーは、私を含め、初めて体験した人も多かったと思います。そのなかで、インストラクターの先生をはじめ、スキー経験者の友達に教えてもらったり、遅れている友達がいたら、「焦らんでいいよ!」と声をかけあったり、後ろで転んでいる友達がいたら、「ゆっくりでいいよ!」と声をかけたりして、グループで助け合っている様子は、やっぱり、さすが筑紫生だなと思いました。

 また、私が「筑紫らしさ」を感じたのは、スキーのときだけではありません。ホテルでの生活の中でも「筑紫らしさ」を感じることができました。ホテルでは、全員が時間を考えて行動することができていました。私が特にそう感じたのは、入浴の時間です。修学旅行のしおりには、入浴割りのタイムテーブルが書かれているのですが、予定より時間が早まったときには、同じ時間のグループにも教えるために、わざわざ部屋まで行って、みんなで協力し合っていました。

修学旅行最後の夜の全体会では、各クラスからレベルの高い出し物があって、どのクラスも面白かったです。修学旅行前の出し物の準備のときから、みんな面白くて、中心メンバーがクラスを引っ張ってくれ、私のクラスの出し物の動画を完成させました。それをみんなで観て、みんなで笑って、私はこのクラスでよかったと思いました。そして、全体会の最後には筑紫高校の先生が作ってくださった動画を観ながら、44期全員で、学年のテーマソングを歌っているときは、とても楽しかったし、筑紫に来てよかったと思える瞬間でした。

(44期 IT

 

 

 

 私たちの代の修学旅行は、話で聞いていた先輩たちの代よりも、自由に行動できる場面がずっと多かったと思いました。私たちを信用してくださり、そのために先生たちが色々と動いてくださったことには、感謝の念でいっぱいです。また、修学旅行が終わった後のインスタグラムなどのSNSにも、先生たちへの感謝の気持ちや、44期全体への感謝を述べた投稿が多く見られ、「やっぱり、みんな思うことは一緒なんだな」と心があたたかくなりました。初日のディズニーリゾートでは、ランドとシーを自由に選択させてくださるだけでなく、仲の良い友達どうしでグループを作らせてくださり、本当に心から楽しむことができました。

実は、最終日の浅草散策の前に、班長たちで話し合って、「ここまでの自由を与えてくださった先生たちへの感謝を行動で示そう。」という話が出たそうです。そこで、私たちのクラスは、班がバラバラになることなく、時間を守り、楽しく浅草を散策しました。このような「言われてやるのではなく、誰かが率先して行動し、周りが支え、ついていく」といった、自主性のある行動を44期全体でできたのは、すごく良かったと思いました。

この5日間、44期全体で作った良い雰囲気をこのまま持ち続け、もっと高いレベルへと進んでいきたいと思った修学旅行でした。 (44期 ST

 

 

 

 高校の最初で最後の修学旅行は、「人の温かさ」が強く印象に残るものになりました。

 初日に行ったディズニーリゾートでは、キャストの方の笑顔や対応に圧倒されるばかりでした。小さい男の子や女の子にも「お兄さん、お姉さん」と呼びかけていたり、友達がかぼちゃの馬車の入れ物を持っていたら、「12時になったら、本物のかぼちゃに戻って、重くなってしまうから気をつけてね!」と話しかけてくださったり、お客さんに夢の国を楽しんでもらいたいという気持ちが強く伝わってきて、本当に楽しむことができ心が温かくなりました。

 スキー研修では、インストラクターの先生や、一緒に滑った友達にたくさん助けてもらいました。上手く滑れず、心が折れそうになったときも先生は「大丈夫!絶対に滑れるようになるから!」と、ずっと背中を押してくださり、スキー未経験者だった私が最終日にはスイスイと滑ることができるようになりました。また、私がリフトに上手く乗れずにリフトを止めてしまったときも、周りの友達が「気にしないで大丈夫!これも良い思い出だよ!」と言ってくれたり、スキーで転んだときも一緒に笑ってくれたり、友達の温かさにも救われました。

 今回の修学旅行を通して、自分は本当に周りの人に恵まれていて、支えられて生きているということを実感しました。長野も東京も寒く感じなかったのは、周りの人の温かさがそこにあったからではないのかなと思いました。 (44期 SG

 

 


 ホーム
福岡県立筑紫高等学校
〒818-0081福岡県筑紫野市針摺東2丁目4番1号
Tel:092-924-1511  Fax:092-928-0743
Copyright(C)2013 福岡県立筑紫高等学校. All rights reserved